ヒストリー

JET CITY AMPLIFICATION について

全ての始まり

2009年に私たちがJET CITY AMPLIFICATION を設立する前、「高音質を大げさに謳いながら、実際の音質は何の変哲もないチューブアンプなんて必要とされているのだろうか?」と自問していました。当初、我々の答えは「イエス」でした。現実を見ろ、慈善事業をしているわけではない、と。しかし、我々の中の何かが、そうはさせませんでした。

それはおそらく、高音質を謳っているだけのアンプにお金をつぎ込み、結局本物の音を得られなかったギタリストたちへの友愛の念から生まれたのかもしれません。ギターアンプを愛しているからこそかもしれません。

理由はどうあれ、他に選択肢はありませんでした。JET CITY AMPLIFICATION は数多くのギタリスト、ミュージシャンに対して、手ごろな値段で最高の音を届けるブランドでなくてはなりません。

もちろん、この信条を貫くことは我々にとって未知の世界でした。 しかしラッキーなことに伝説的なチューブアンプデザイナー、マイク・ソルダーノが我々のチームに加わってくれました。 90年代の彼のアンプ「Soldano」のサウンドは、エリック・クラプトンやゲイリー・ムーア等トップギタリストに愛用され、当時のギターキッズ達に多大な影響を与えました。彼がデザインするアンプが本物であるということは言うまでもありません。

JET CITY AMPLIFICATIONは、シアトルで「偽物はつくらない」という哲学でデザインされています。DSPや余計なノブなども排除し、純粋なオールチューブによって、きらびやかなクリーントーンから分厚い歪みまで作り出します。

我々の「キープ・イット・シンプル」というチューブアンプに対してのアプローチは、アンプ自体(つまり、シンプルなコントロール、クールな外見、そして手ごろな価格)を代弁しています。JET CITY AMPLIFICATIONは、最良のサウンドをリーズナブルなプライスで提供します。アンプは1台ずつ丁寧にハンドメイドされ、厳しいテストを経て、100%正確なトーンと確固たる信頼性を実現しています。箱から取り出した状態で、すでに最良のコンディションですので、改造の必要はありません。

Jet City Amplifiersへようこそ。プラグを挿して、本当のチューブアンプのトーンを体感してください。